アルサプア・エクササイズ3

ここまでエクササイズを続けてきたあなたは、

このアルサプアでどのようにメロディーを組み立てればいいのか。



そんな疑問が出てきたかもしれません。



このエクササイズ3では、これまでとちょっと趣旨を変えて、

これらの疑問。



つまりメロディーを組み立てる方法という

切り口で展開していきたいと思います。



ここで使用される譜例は

伝統的にフラメンコで使用されるフレーズとは少々異なるかもしれません。



しかし、他のジャンルへの応用ということを考えた時に

より柔軟にあなたの音楽に適応させる為の一助となると思います。



では、いってみましょう。

アルサプア奏法を使用したアレンジ方法

以下のメロディーがあったとします。



スクリーンショット 2016-03-20 23.12.29

 

 

 

 

 

 

メロディーと呼べないほどシンプルですが(笑)

これにアルサプア奏法で弾く方法は、

幾つかあるのですが、

例えば3連符を意識して、以下のように弾いてみます。



 

スクリーンショット 2016-03-20 23.30.01

 

 

 

 

 

 

 

この他にも

こんな感じも考えることが出来ますね。



 

スクリーンショット 2016-03-20 23.34.10

 

 

 

 

 

 

 

16分音符を意識してこう弾くこともできます。



 

スクリーンショット 2016-03-20 23.35.27

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょう。



少し感じが掴めるでしょうか。



もう少し、長めのフレーズで考えてみます。



例えば以下のフレーズ



 

スクリーンショット 2016-03-20 23.44.15



やはり3連符に変換してこのように弾いたり、



 

スクリーンショット 2016-03-20 23.48.20

 

16分音符にしてこのように弾いたり、



 

スクリーンショット 2016-03-20 23.52.32

 

先の3連符を倍のテンポにしてみたり、



 

 

スクリーンショット 2016-03-20 23.53.12

 

 

こんな風に,アルサプア奏法で様々にアレンジすることが出来ます。



他にも色々考えつくと思いますので、

是非、あなた自身で色々と発想を膨らませてみてください。



アルサプア・エクササイズは以上になります。


お疲れ様でした。